2017年12月17日

「マサオたたき」ver1.01に更新しました


PLiCyさんにアップしている「マサオたたき」を更新しました。スクリーンショット生成ボタンを挿入して、オンラインランキング導入です。どちらも荻原さんのプラグインとコードを使わせていただきました。激感謝です。ありがとうございました!

ランキングは名前とスコアだけが送信される形です。コンボ数とかまでは入っていません。入れようと思えば入れられなくもないのですが、さすがにデータ数多くなると重くなる可能性もあるかなーと。というわけでスコアだけのランキングですが、お試しいただけますと嬉しいです。不具合ありましたらガンガンご指摘ください! 残っているような気もします!(白目)

ハイスコア送信としては、一回で全部のモードが送信されるようになっています。個別の方が自由度高いかなーと思ったのですが、一括の方がボタンを置きやすかったのでその方法で。割とギッチギチにボタンを配置してしまったのでもう置き場を考えるのがめんど(ry ゆとりをもった設計大事ですね。ただ設計してないのでそもそもゆとりも何もないというのがアウトです。何という適当なゲーム作りなんだ……。それでも完成するあたりツールすごい。プラグインすごい。ありがたい限りです。

自分のサーバーでランキング試した時は大丈夫だったのですが、他ドメインからajaxだとクロスドメインでCORSとかで何かこうアレしないとダメなんですね。難しい。通信関係はセキュリティが大事なのでガバガバでやっちゃいけないなあとある程度は調べたのですが、理解ができているかは謎です。もうちょっと忘れ始めている。ダメだな!
あとhttpとhttpsだとlocalstorageが別になるんですね。最初httpsで登録してて、まあhttpでもいいかーと変更したらデータが消えてて「!?」でした。何という初歩的ミス! テストしていただいて気付くことができました。ビビりました。ヤバかった!

別ドメイン間のテストはティラノサーバーが便利でした。keito-worksさんのなのですが、今見てみたらティラノードになっていました。あれ私いつティラノサーバーDLしたんだろう? 謎! それはともかくティラノードですね。これ一つでlocalhostで立てられるので、自分のサーバーにアクセスすれば自動的に別ドメインでのやり取りになると。他のローカルサーバー立てればウェブを通してやらなくてもいいのかもしれないのですが、通信速度もチェックできたのでまあいいかなと。何とかなった気がします。

オンラインランキングはパッケージ版と自分のサーバーのみでの設置やり取りだと普通にサクサク動くので、ミニゲームなんかでも使いやすいなーと思います。すごい。
私はとりあえず名前登録を一度だけにして、重複したらランキング上書きという形にしてみました。その方が管理が楽かなと。システム変数に保存してそれをそのまま送る感じですね。今回モードが四つあるので四つ送るのもめんどいかなあとも思ったのですが、まあいいやと四つ送れるようにしました。ただそうするとソートを送った時にやれなくなるのでそっちはcopy_runking時にするように。順位チェックはコピーした配列の中からシステム変数の名前と同じのがあった順番を吐き出すようにした……気がします。多分。それであとは配列分だけランキング表示です。この形だと最初から100表示するとえらい重さになるので、そこは削って配列分だけにしました。中身としては100まで保持されますが、多分そこまで登録する人はいない気がします。まあいいか!

というわけでPLiCyさんでのマサオたたきオンラインランキング導入が完了しました。軽く遊んでいただければ嬉しく思います。

PLiCyさん、最初は子供向けな感じなのかなーと漠然とイメージしていたのですが、実際ゲームを登録したり遊んだりしてみると、ガチな機能や作品も沢山あってすごいなと。ガチなというか玄人向けというかハイクラスというか何だろうもうとにかくすごいですね。多分子供向けは子供向けというか、子供でも気軽にネット上でゲームを作れたり遊べたり交流できたりするような場所でもあると思うのですが、それを作り上げている技術だとか匿名性が保たれつつ開かれた場所だとかは、十分大人でも楽しめるというか、むしろ大人が制作意欲を掻き立てられるすごいものでもあるなあと。浮田建設さんすごい。去年のPLiCyコンテストがきっかけで使うようになりましたが、良い機会だったなーと感謝です。

ティラノビルダーの場合はシナリオファイルに使われてる画像のpreloadタグが自動で挿入されるので、ちょっと作ってみたけど短いしパッケージで配布するのもなーという場合など、PLiCyさんで公開してみるのも良いと思います。ブラウザゲームだとパッと遊べるのが利点ですしね。oggファイルも自動でコンバートされるので、互換性をあまり気にせずアップできるのも嬉しいです。オープンソースでOKな素材を使っているならZIPのDLをOKにするのもよさそうです。ガッツリなゲームをアップもできるけどサクッと楽しむゲームもできるという。
スクリプトもシナリオ読み込みのボトルネックが解消されてからはスムーズに進むようになりましたね。ブラウザゲームを公開する敷居がかなり下がったなーと感じます。
あとは何かティラノ関係でPLiCyさんで何かあるのかないのか何なのからしいでようなので、あるのかないのか! 続報待機!

PLiCyさんはウディタをブラウザ向けに動かしてるのもすごいですね。ティラノやツクールMVのようにHTML5化出力されるわけじゃないのにちょっと理解しにくいほどすさまじいことが行われている! ウディタ側でも画像処理関係とかイベント関係の最適化は必要な感じですが、ブラウザゲームとして動くだけでまずすごいです。技術力が本当にヤバイ。スゴイ。あとGDWもすごいですね。3D酔いさえしなければもっと遊べるのに……。三半規管を鍛えないとダメか!

そういえば基本ブラウザはVivaldiを使っているのですが、最近PLiCyさんのページで途中でページが黒く更新されてゲーム画面が真っ黒になる現象が起こるので、Chromeでやってます。Chromeだと普通に遊べるんですよね。謎。PLi-PeeRが始まった頃からな気がするのですが、何でChromeはいけるのにVivaldiお前は黒くなってしまうのだ! という感じです。謎。

いつの間にかPLiCyさんの話になりましたが、そんな感じでマサオたたき更新でした!
posted by SOrow at 18:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: